2020年12月12日

AR Foundation互換性

AR Foundationを使っていてエラーに遭遇したので、忘備録がわりに公開します。ググってもあまり解決方法が明記されていなかったので、誰かの役に立ちますように。
Unityのバージョンによって利用できるAR Foundationのバージョンが違い、Package Managerが管理しているので間違った組み合わせをインストールすることはまずありません。
しかし、XcodeでBuildやArchiveできないことがあります。
これを書いている時点ではmacOS MojaveでUnity 2020.1.12f1ではAR Foundation 3.1.6がverified versionで、AR Foundation 4.0.9が最新バージョンとなっていますが、どちらもMojaveのXcode 11.3.1ではBuildは通るのにArchiveでエラーが発生します。
Could not reparse object file in bitcode bundle: 'Invalid bitcode version (Producer: '1103.0.32.62.0_0' Reader: '1100.0.33.17_0')', using libLTO version 'LLVM version 11.0.0, (clang-1100.0.33.17)' for architecture arm64

Unity 2020.1.12f1のまっさらなプロジェクトではエラーは起きませんが、AR FoundationをInstallするとエラーが起きるため、AR Foundationが原因であることは間違いないようです。
解決するためにはmacOS CatalinaをインストールしてXcodeの新しいバージョンを入れることです。Xcode 2.1では問題は起きませんでした。つまり、AR Foundation 3以上を使いたければ、macOSはCatalina以上に上げろということです。
なお、Unity 2019.4.11f1 LTSではAR Foundation 2.1.10がverified versionとなっています。
posted by MacLab. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | AR

2020年11月04日

AR Foundation 4における image trackingのエラー

次のmacOSのメジャーアップデート(Big Sur)が出るまでの間の嵐の前の静けさですが、最近はAR(拡張現実)に手を出しています。ここで報告できるような形になるかどうかはわかりませんが、ここまで多くのブログやインターネット上の記事に助けられたので、こちらも気がついたことをつらつらを書いていきたいと思います。誰かのお役に立てれば幸いです(検索エンジン万歳)。
今使っているのは AR foundationの image trackingという機能です。AR foundation 2ではうまく動いたのですが、 AR Foundation 4にアップデートしたらうまく動かなくなりました。ネット上でも海外を含めて戸惑う記事が多かったので、解決方法を紹介します。C#を十分に理解しないまま猿真似で書いているので、誤りなどもあってもご容赦ください。
続きを読む
posted by MacLab. at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | AR