2020年05月16日

Catalinaの動画変換機能

macOS CatalinaはiTunesの廃止など大きな変革があり、Gatekeeperの強化など開発者の頭を悩ませる変化もあります。
そんな中で、ひっそりと動画変換機能が修正されていました。
macOSにはLion以降ずっとavconvertという動画変換コマンドが内蔵されてきました。その機能はMojaveまでほとんど変化がありませんでしたが、Catalinaではほぼ全面的に書き換えられました。
avconvertのhelpを見てみましょう。
% avconvert --help
usage: avconvert [--param ...]

Required parameters:
--preset (or -p) Use --help to list all available preset names.
--source (or -s)
--output (or -o)

Optional parameters:
--disableFastStart Disable fast-start movie creation. Reduces disk accesses if fast-start is not required.
--disableMetadataFilter Disable the metadata filter. Use with caution. This will allow privacy sensitive source metadata to be preserved in the output file. Refer to the man page for more details.
--duration Trim the output movie to duration seconds (decimal allowed). Default is end of file.
--help (or -h) Print command usage and list available preset names.
--multiPass Perform a higher quality multi-pass encode in the conversion, if supported by the codec.
--progress (or -prog) Display progress information.
--replace Overwrite the output file, if it already exists.
--start Skip the first startTime seconds (decimal allowed) of the source movie. Default is beginning of file.
--verbose (or -v) Print additional information about the conversion.

Sample command lines:
avconvert --source /tmp/myTestMovie.mov --preset PresetHighestQuality --output /tmp/testOut.mov --replace
avconvert -s /tmp/myTestMovie.m4v -p Preset640x480 -o /tmp/testOut.m4v --verbose --progress
avconvert --source /tmp/myTestMovie.mov -o /tmp/testOut.m4v -p PresetHEVCHighestQuality --start 2.5 --duration 10 --disableMetadataFilter

Supported presets:
Preset640x480
Preset960x540
Preset1280x720
Preset1920x1080
Preset3840x2160
PresetAppleM4A
PresetAppleM4V480pSD
PresetAppleM4V720pHD
PresetAppleM4V1080pHD
PresetAppleM4VAppleTV
PresetAppleM4VCellular
PresetAppleM4ViPod
PresetAppleM4VWiFi
PresetAppleProRes422LPCM
PresetAppleProRes4444LPCM
PresetHEVC1920x1080
PresetHEVC1920x1080WithAlpha
PresetHEVC3840x2160
PresetHEVC3840x2160WithAlpha
PresetHEVCHighestQuality
PresetHEVCHighestQualityWithAlpha
PresetHighestQuality
PresetLowQuality
PresetMediumQuality
PresetPassthrough

入出力とプリセットの記述方法は従来と同じですが、その他のオプションはほぼ内容が一新されています。プリセットの内容は、従来の項目に加えて新たなプリセットが追加されています。おそらく、オプションまで使いこなしているユーザーはほとんどいないことを前提に最小限の互換性を残して拡張する方針だったのでしょう。
新たに追加されたプリセットにより、4KやHEVCを明示的に指定してエンコードすることが可能となりました。
METから新しいavconvertの設定を利用するには、カスタム設定画面から新規設定を作成してプリセット一覧を呼び出します。画面サイズの変更機能がavconvertから削られたように見えるので、必要に応じて前段の処理としてffmpegでリサイズしてavconvertにデータを渡すことが可能です。ffnpegをスキップすることもできます。
avconvertでHEVCをエンコードする最大のメリットは、T2チップなどを用いたハードウエアエンコードが利用できると見込めることです。METの変換予約機能を用いると複数のファイルをGUIから連続変換できるので便利でしょう。
posted by MacLab. at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187496392

この記事へのトラックバック