2021年01月24日

CoreMLでテキストを分類するアプリを作る (2)

前回の続きです。
エラー処理など、Swiftのお作法として不十分な部分があったので、警告が出ないようにいろいろと修正しました。ほとんどはXcodeが表示する指示通りにするだけです。
viewDidLoad()は不要な気もしますが、テンプレートに含まれているようなのでそのままです。
override var representedObjectが何なのかは知りません。
本当にSwiftは初心者なので。続きを読む
posted by MacLab. at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 技術情報

2021年01月13日

CoreMLでテキストを分類するアプリを作る (1)

アップルはML(機械学習)に力を入れていて、多くのサンプルは画像を解析するために使っていて、テキストを使った機械学習は普及していません。しかしせっかくCoreMLが言語解析に対応しているのだから、何か新しいことができるかもしれないと思い試してみることにしました。
今回使うのは、テキストの内容からクラス分類を行う機能です。まずは機械学習のデータを用意させなくてはいけませんが、これにはXcodeに付属するCreate MLというアプリを使います。TrainingとTestingというフォルダを用意して、それぞれの中にクラス分類に対応したサブフォルダをいくつか作成します。それぞれのフォルダに複数のテキストデータを用意して入れておき、Create MLの画面上でフォルダを指定して機械学習を走らせます。GUIなので設定は容易であり、初見でもあまりつまづくことはありません。作成した学習モデルに対するテストもCreate MLで行えるので、モデルの出来が悪ければ学習データを修正して再学習させます。Xcodeに出力するボタンがあるので押すとXcodeで表示されるので、自分のアプリに組み込む準備が整いました。
続きを読む
posted by MacLab. at 20:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 技術情報